トップページ

    このサイトではモコの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「モコの買取相場を調べて高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを考えているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    日産のモコを高く買い取ってもらうために必要なことは「複数の車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1社のみとか近くの日産ディーラーで下取りということを考えている場合は間違いなく損をするので注意してください。

    車買取の一括査定なら入力も数分で終わるくらい簡単です。複数の車買取業者からの査定額を比べることができるので、モコ(MOCO)の買取相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社にモコの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がかかってこないので安心です。
    勿論、地方でも対応していて無料です。

    「大切に乗ってきたモコを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話営業が苦手…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているモコの買取相場分かりますし、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという業界では新しいサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちのモコでも高く買い取ってくれる買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    モコの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国での利用者数が一番多い車買取一括サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「今乗っているモコの買取相場ってどれくらい?」というのが気になっている場合はおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1社だけで即決せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのモコでも高価買取が可能になります。

    最大10業者がモコの見積もり査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた買取業者にあなたのモコを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される人気の車一括査定サイト。
    提携している業者も200社以上で、最大10社が愛用の中古車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして数年間大切に乗ったモコを1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天株式会社が運営している車一括査定サービス。
    日産モコの買取査定の申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントが付与されるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用してきたモコを高く買い取ってもらって、その上楽天ポイントまでもらえるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携業者は約100社と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大で10社の買取業者がモコの査定見積を出してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定を利用した時の価格の違いが分かりやすく表示されているので、一回見てみることをおすすめします。







    あちこち中古車買取店舗巡りをせずに、ウェブで車の見積もりを行えるホームページは無数に存在しているものです。

    サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は店舗の担当者が実際に査定して確認しないと算定不可能でしょうが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を候補から外して、それ以外の業者と取り引きしようと考えることも出来ますね。

    査定のために自分の足で買取業者まで行く時間がないときなどは、大抵の会社では、出張による査定見積もりを受けることが可能です。

    中古自動車査定士が車のあるところまで来て現物を見ながら査定して、査定額をはじき出してくれるのです。

    こういった査定の方法は一度に多くのスタッフに来てもらっても構わないのです。

    同時にたくさんのスタッフに依頼すれば時間の節約にもなるでしょうし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で査定額の競争が行われるのでこれらの結果として見積額が高く提示される可能性が期待できるのです。

    大方の業者には当てはまらないことですが、その数は多くないのですが、中には極悪な買取業者もあるのです。

    手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、「見積もりを出した後で直ぐ車を運んでも良いならば価格アップしましょう」などと言われて、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、業者の連絡先も繋がらないという詐欺があります。

    所定の契約手続きをしないでせかせかと車を持っていこうとする会社は特に注意した方が良いでしょう。

    実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も買取額の見積時に隅々まで確認されるのが普通です。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、言われて初めて気づくような薄いキズ等は「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

    時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

    しかし修理代のほうが査定額のプラス分を上回り、トクをするケースは「十中八九ない」と断言できます。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。

    いかなるタイヤであれ消耗品であることに違いはありませんし、車を中古車市場に出す時に業者が別のタイヤに交換してから売るのが一般的ですから、交換した甲斐がありません。

    ですから、見積額への減点査定は微々たるものです。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、逆に損するケースがほとんどです。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で普通、10000kmが目安と言われます。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとゼロ円査定などという可能性もあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、却ってパーツが劣化して故障寸前になっているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、放置されて車検切れになっている自動車でも売ることは可能です。

    しかしながら、すでに車検が切れてしまっている車が公道を走ることは禁止されていますから、現地にスタッフに来てもらう出張査定をお願いしなくてはいけません。

    既に車検が終了してしまった自動車でも取り扱いしている買取店ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。

    それから、あらかじめ車検を通してから売ることは得策とはいえません。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方がほとんどの場合査定に上乗せされる額よりも高くなるからです。

    自分ではきちんと注意していたとしても、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する場合があります。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならば悪いのは売り手側です。

    そのようなことがないケースでは、見積もりを出すときにきちんと確認しなかった方が悪いのですから、自ら承服する必要はないと言えます。

    どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、何も自動車の売り買いに関したことだけではなくて売り買いをするうえでの重要項目です。

    自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。

    契約書に書かれている自動車の状態は正しいか、肝心なお金に関する部分で不明瞭な点は無いか、充分に丁寧にみていくことが大切です。

    少しでも不安に思ったら自分が納得するまで担当者に相談したり質問したりすることも重要になってきます。